お届けしたいもの…それは、「情報」。書籍はその手段にすぎません。

本社

〒830-0031
久留米市六ツ門町2-28
TEL: 0942-25-7733
FAX: 0942-37-3266
E-Mail: kinbundo@kinbundo.co.jp

六ツ門店

〒830-0031
久留米市六ツ門町2-28
TEL: 0942-34-5411
FAX: 0942-34-5412
E-Mail: mutsumon@kinbundo.co.jp

久留米外商

〒830-0017
久留米市日吉町3-2
TEL: 0942-34-4111
FAX: 0942-33-5258
E-Mail: kurume@kinbundo.co.jp

書斎 りーぶる

〒810-0001
福岡市中央区天神4-1-18
サンビル1F
TEL: 092-713-1001(代)
FAX: 092-715-3762
E-Mail: shosai_livre@kinbundo.co.jp

天神外商

TEL: 092-713-6330
FAX: 092-713-6333
E-Mail: tenjin@kinbundo.co.jp

いよいよ明日、リニューアルオープン!!

・ 平成23年8月31日

無事の門出をお祈りしてお祓いを受けました

水鏡天満宮  天神の水鏡天満宮から神主さんをお呼びして、書斎りーぶるが無事にオープンできますようにと願って、みんなでお祓いを受けました。
 水鏡天満宮は、その昔菅原道真公が左遷され博多に上陸し、四十川(しじゅうかわ)の流れに、水鏡としてご自分の姿を映された故事から、社名を水鏡天満宮としたと伝えられています。
 当時は薬院の辺りだったそうですが、黒田長政公が福岡城築城の際、福岡城の鬼門である現在地に移転し福岡城の守護としました。ここから「天神」という地名が生まれた話は有名ですよね。
 また、鳥居の扁額(へんがく)の「天満宮」の文字は、第32代内閣総理大臣広田弘毅が書いたものとしても知られています。
玉串奉納  さて、お祓いです。神主さんの祝詞奏上の後に、メインイベントの玉串奉奠(ほうてん)、店主都渡もいささか緊張気味です。
 この後、大幣(おおぬさ)を持たれた神主さんから店内各所をお祓いしていただきました。お祓いの終了後、最後に神殿のお神酒を頂戴し、スタッフ全員スッキリした清々しい気持ちになることができました。
 いよいよオープンまであと1日です。なんだか、ドキドキ、ワクワクしてきますね。気合入れて行くゾー!!
 明日は、プレオープンパーティーの様子などをお伝えしたいと思います。


・ 平成23年8月30日

スタッフ

スタッフ紹介!!

 書斎りーぶるスタッフ、制服姿で全員集合です。
 前列左から、松崎、黒田、後列左から井上、月足、本田の5名のスタッフです。
 まずは店長の月足、書店営業の大ベテラン、若いスタッフをまとめて先頭に立って書斎りーぶるを引っ張っていきます。担当ジャンルは、文芸・ビジネス・新書、そして「今月の本棚」です。
 今月の本棚、9月は9.11から10年、3.11から半年という節目の時に、「復興」をテーマにコーナーをつくりました。震災・原発事故を乗り越え、復興に向かって立ち向かう日本をポジティブに応援していきます。
 本田の担当ジャンルは、主に教育・学習参考書・実用書などです。学校・図書館に多くのお客さまを持つ菊竹金文堂の得意分野でもあります。担当コーナーは「博多学」です。今月は「昭和ノスタルジー」の世界にみなさんをお誘いします。
 井上は、雑誌とコミックの担当です。みなさんがいち早く読みたい新刊を朝8時から揃えて待っています。担当コーナーは「りーぶるジャニーズ応援団(L・J Oh-endan(エル・ジェイ応援団))」です。ツイッターでも多くのフォロワーを有するジャニーズ関連のバックナンバー等他店には無いコーナーです。これからはファンのみなさんのご要望を活かしたジャニーズファン参加型のコーナーづくりを目指していきます。
 黒田は、文庫、そして、科学のおもちゃ箱、エスパス・ブック・カフェ等書斎りーぶるの特徴あるコーナーを担当します。
 最後は、今回新たに参加したスタッフの松崎です。図書館司書の経験を活かし「本のお世話係」として、みなさまのご相談に応じていきたいと思っています。担当ジャンルは児童書、コーナーとしては「私の本棚」「あなたの本棚」等のブックリレーや書斎の空間づくりにトライしていきます。9月2日(金)は梶尾真治さんのイベントのMCも務めます。
 わずか5人のスタッフですが、本を愛する気持ちを大事にして、みなさんが楽しんで足を運んでもらえる書店づくりを目指していきます。いろんなご意見をお聞かせください。ご意見はこちらまで。
 さあ、カウントダウンのゴールも間近です。気合入れて頑張っていきますよ~\(^o^)/


・ 平成23年8月29日

オープンへ向けてラストスパート!!

正面夜景  昨日は日曜日でしたが、全員総出で作業中です。毎日入ってくる新刊を整理しながら、コーナーの入れ替えや書棚づくりに汗を流しています。
 今日は店内のWEBカメラを設置しました。エスパスでのイベント風景などを店内で他のお客さんにも見ていただくことができます。
 各種メディアの報道をお聞きになり、エスパスの利用を希望される方もどんどん増えてきています。
 みなさんのアイデアで、「自由空間 ESPACE LIVRE」がどんどんその色を変えて行くことを楽しみにしています。お申込み・お問い合わせはTel.092-713-1001または書斎りーぶるまで。

看板夜景  8月も下旬となり、だんだん日が落ちていくのが早くなってきましたね。
 外に出てみて、夕闇に浮かび上がる書斎りーぶるをカメラでパチリ!!
 地上からのアップライトに浮かび上がる書斎りーぶるは、昼間とはまた違うノスタルジックな顔を見せてくれます。
 また、西側壁面の看板を照らすLEDライトは、何となく書斎りーぶるの幻想的な雰囲気を醸し出してくれています。
 新しい書斎りーぶるでは、店内照明もできる限りLEDに転換し、エコロジーにも気をつけた運営に努めていきます。
 いろんな顔を見せる書斎りーぶる、これからどんな姿になっていくのか、みなさんのご要望に応えられるよう一生懸命頑張っていきます。
 さあ、あと3日です。オープン準備に漏れが無いか、もう一度全員でチェック、チェック!!


・ 平成23年8月28日

ASSOSIER LIVRE(アソシエ・りーぶる)

会員カード  今日は書斎りーぶるの会員組織「ASSOSIER LIVRE」のご紹介です。
 ASSOSIER(アソシエ)とは、フランス語で「仲間」や「協力者」などの意味を持っています。
 書斎りーぶるは、大型書店ではないけど、本を好きなみなさんを「仲間」として、いろんなご意見をお聞きしながら、みなさんと一緒に楽しくくつろげる本屋さんを作っていきたいと思っています。
 そのためにみなさんと書斎りーぶるをつなぐ組織「ASSOSIER LIVRE」を立ち上げることにしました。

【ASSOSIER LIVREの会員特典】
[1] エスパスでの飲食料金のご優待
 コーヒー 200円→180円 クッキー 100円→90円 でご提供します。(税込)
[2] 新刊情報など各種情報の配信(メールアドレスをご登録いただいた方)
[3] お誕生月来店時にステキなプレゼントを贈呈(誕生日をご登録いただいた方)
[4] 各種イベントの先取り配信(電子メール)と優先申込み
[5] ASSOSIER LIVREコーナー(会員リクエストによる、自分たちで作るコーナー)
[6] ASSOSIER LIVREオフ会等会員相互の交流会開催
 その他。これからいろんなサービスをご提供していきたいと考えています。
 書斎りーぶるは、本好きな仲間のみなさんのご意見やご希望を取り入れながら、みんなが楽しめる書店を目指していきます。
 みなさんが参加する、そんな本屋さんを一緒に作っていきたいですね!!


・ 平成23年8月27日

エスプレッソサーバー

エスプレッソサーバー到着!!

 待ちかねていたエスプレッゾサーバーが到着しました。おしゃれで、しかも賢いマシーンです。お客さまは、レジでカップを買っていただき、サーバーのお好きなボタンを押していただくだけで、おいしいコーヒーがカップに注がれます。選べるのは「ブレンド」「カフェラテ」「エスプレッソ」の三種類、料金は一杯200円(アソシエりーぶる会員は180円)です。お手軽な値段で、その日の気分にあったコーヒーを楽しんでください。
 設置場所はエスパスりーぶるですので、ゆっくりと本を読みながら、思い思いの憩いのひと時を過ごしていただけたら幸せです。
 この写真はカフェラテを注いでいるところです。スチーマーからシュワーッという蒸気とともに、あったかいミルクの泡がカップに注ぎこまれていきます。
 コーヒー好きにはたまらないエスプレッソは、左側のボタン。じっくり焙煎した豆をその場で挽いて、濃い~一杯を味わっていただけます。

コーヒーのお供クッキーも最高!!(洋菓子のお店シュ・シュ)

 今回書斎りーぶるがタイアップするのは鳥飼にある「洋菓子のお店シュ・シュ」障がい福祉サービス事業所おおほり苑が直営する洋菓子屋さんです。
 Chou・Chou(シュ・シュ)で思い浮かぶのはAKB48の「ポニーテールとシュシュ」かな? 実は、これには「お気に入り」という意味があるそうです。たくさんの人たちの「お気に入り」のお店になればという思いが込められているんですよ。
 スタートにあたっては、特別にお手軽な値段で召し上がっていただける商品を工夫していただきました。みなさんの手作りで心のこもった本当においしいクッキー達です。甘いのはどうもという男性の方の為に、コーヒークッキーやちょっと塩味が効いたグリーンピースクッキーなどもご用意しました。
 こんな形で応援の輪がどんどん広がっていったら素晴らしいなと思っています。
 今日は代表の末秋さんやスタッフのみなさんと商品サンプルの検討会、袋はこうしてみよう、シールはどうするなど、いろんな意見で大盛り上がりでした。
 「みんなが社会の中にどんどん参加して交流の輪を広げていく」 こんなシュ・シュの思いを書斎りーぶるが少しでも一緒になって頑張っていけたらいいなと思っています。
 お店には大人気のシューラスクの他にリーフパイやプリン・シュークリームなどたくさんの洋菓子が並んでます。城西中学の向かい側です。是非一度行ってみてくださいね。
 「洋菓子のお店シュ・シュ」福岡市t城南区鳥飼7-7日宝サンセーヌ101 Tel092-847-1719

シュ・シュ
納得のサンプル商品を手に、ご満悦なシュ・シュのみなさんとパチリ!!

・ 平成23年8月26日

オープン準備まっただなかの書斎りーぶる&「博多学」

展示ポスター  今週月曜日に内装工事もやっと終了し、火曜日からいよいよ本の搬入が始まりました。まだ中は見えませんが、通りに面したガラス窓には、7月末リーブル天神店内に展示した「おひっこし展」のポスターが「Returned!!
 道行くみなさんもちょっと足を止めてりーぶるの歴史に見入ってくれています。
 今日も「菊竹金文堂って文久元年創業なんですよね?」と聞かれました。
 150年の歴史の重みを、改めてひしひしと感じさせられました。
博多学  今日は、少しづつ搬入されてきた本で「博多学」コーナーの準備作業開始。スタートの9月は「昭和ノスタルジー」。
 昭和時代の福岡・博多関連の懐かしい写真集や本を中心に揃えていこうと思っています。
 今では九州を代表する大都市になった博多ですが、カエルのなく田んぼがいっぱいで、チンチン電車も走っていた。もう一度、そんな僕らのふるさと博多を見直してみるきっかけになってくれたらいいなと思っています。
 担当は、私「本田賢吾」が努めさせていただきます。今後も、みなさんのご意見を取り入れながら、いろんなテーマで「博多学」コーナーをつくっていきますので、ご意見を聞かせてください。
 書斎りーぶるでしか手に入らないレア本もご用意しています。お楽しみに!!


・ 平成23年8月25日

わたしの本棚(ブック・リレー)

松崎美恵子  今回の「本棚コーナー」は、「わたしの本棚」です。
 このコーナーでは、みなさんが今までに読まれた中で、印象に残った本や、感動を覚えた本、涙が止まらなかった本など、私のおすすめ本をリレー方式で紹介していきたいと思います。
 こんな本を紹介してみたいという方を募集していますので、こちらまでお申込みください。 スタートの9月は「書斎りーぶる」のスタッフ松崎美恵子が務めさせていただきます。
 テーマは、「読み始めたら、朝が来てしまった本」
 青春まっただ中で本の虜になっていた私が、読み始めて夢中になり、ふと気がつくと、窓の外が明るくなってしまっていたという思い出深い本たちです。
 そんな中から今日は2冊だけご紹介します。
 「姑獲鳥(うぶめ)の夏」京極夏彦(講談社)

MONSTER
MONSTER 全18冊
小学館
 短大時代に、大好きだった京極夏彦シリーズの新刊を、事もあろうか試験前に本屋さんで見つけてしまい、勉強そっちのけで読んでしまい、気がついたら朝が来てしまっていたという本です。試験結果は、ご想像のとおり惨憺たるものでした(笑)
 「MONSTER 全18巻」浦沢直樹(小学館)
 社会人になってお給料を初めていただき、学生時代から待望していた大人買いをしてしまったのがこの本達です。「大人買いで一気読み」労働から得た喜びを心から満喫させてくれた忘れられない本です。
 実際のコーナーでは、これ以外にも「私の夜を奪っていった本たち」をたくさん紹介していますので、みなさんの感想などいただけたら嬉しいです。
 写真は、できたての制服を着た松崎です。正面からは、もうちょっとお待ちくださいね。


・ 平成23年8月24日

あなたの本棚(ブック・リレー)

堺光則  書斎りーぶるの「本棚コーナー」を紹介します。今回は「あの人の本棚」です。
 地元福岡で元気に活躍しておられる方々に、ブックリレー方式で好きな本やおすすめの本をご紹介いただきながら本の輪をつないでいっていただきます。
 初回は、新志会会長で株式会社創建サービス代表取締役社長の堺光則さんです。 堺さんは、従業員1000人を数えるグループ会社の代表で、総合ビルメンテナンスという本業の傍ら、福岡県中小企業家同友会理事などの重職も数多く務められています。 今回インタビューして、堺さんがお好きな本のON/OFFをお聞かせいただきました。

オフィスのゴミは知っている
日本教育出版社
 ON=ビジネス関連では、松下幸之助・中村天風・PHPナショナルなど
 OFF=趣味のものとしては、山岡荘八、司馬遼太郎やローマに関する歴史物を好まれて読まれているそうです。その他に、相田みつを、金子みすずもお好きだということをお聞きして、少し緊張が取れた私でした。
 お仕事の関連もあってか私が知らない本のお話もお聞きしました。それは、「オフィスのゴミは知っているービル清掃クルーが見た優良会社の元気の秘密」(鈴木将夫、日本教育出版社)や「棄てられたものの行方」(鈴木一成、文芸社)です。
 専門家からのお勧めというだけでなく、大震災からの復興というこの時期に、私たちの日常生活における環境問題をもう一度見直していくためにも必読の本ですね。
 堺さん、お忙しい中本当にありがとうございました。


・ 平成23年8月23日

オープニングプレゼントのご紹介

プレゼント  オープニングプレゼントのビラにご記入の上ご持参いただいた方、または登録サイトプレゼントページから登録いただいた方を対象に、9月1日から4日まで毎日先着250名様(四日間合計1000名様)に贈呈いたします。
 書斎りーぶるロゴ入り特製「ブックカバー」または「エコトートバッグ」です。エコトートバッグは三色ですので、ご希望の色をご指定下さい。
 (品数に限りがありますので、品切れの場合はご容赦ください。)
 ビラをお忘れでも、店頭レジにて記入用紙を用意していますので、当日ご記入いただいてご提出いただければ大丈夫です。
ダブルチャンス  さらに、Wチャンスとして、ご記入いただいた方の中から抽選で20名の方に、書斎りーぶるを運営する菊竹金文堂の本拠地久留米が生んだ天才画家「青木繁」の図書カードを差し上げます。
 日本を代表する洋画家青木繁は天才と称されながらも28歳の若さでこの世を去りました。
 青木繁は若干16歳の時に単身上京、肺結核のため麻布中学を中退した後、東京美術学校に入学、黒田清輝の指導を受けながら画家の道を歩んで行きました。
 今回のプレゼントは、数ある名画の中で最も有名な「海の幸」(石橋美術館所蔵)を選びました。青木繁ファンにはたまらないレア物図書カードを、この機会に是非とも当ててみてくださいね。


・ 平成23年8月22日

書斎りーぶるオープン工事進行中!!

看板  8月20日(土)朝暗いうちから天神四丁目にクレーン車の音が響きます。 いよい書斎りーぶるの壁面看板の到着です。サンビル西側の壁面に鮮やかな茶色の書斎りーぶるの看板が掲げられました。
 木目を思わせる茶色は書斎りーぶるのイメージカラーです。そして、ドアには文久元年(1961年)から150年の歴史を紡いできた菊竹金文堂のマル文マークが映し出され、社員一同、大きな感慨を覚えた一瞬でした。
 この伝統をさらに次代へ繋ぐためにも頑張らなきゃと誓いを新たに。
 そして、ガラスシートやテントにも新しい書斎りーぶる(ETUDE LIVRE)やESPACE LIVREのロゴが次々と貼られ新たな顔を見せてきました。
準備中  店内でも内装工事が着々と進んでいます。新しい書棚や備品が運び込まれ、少しづつですが書店の趣きへと変化しはじめました。
 書斎りーぶるの顔ともいえる「自由空間ESPACE LIVRE]にも、みなさんがゆっくり読書や勉強を楽しむためのテーブルやいすが到着しました。
 これからどんな部屋になっていくのか、本当に楽しみです。
 工事中の店舗の片隅では、書斎りーぶるのロゴシールの作成中、自分らで何でも手作りでやっていく。これが書斎りーぶるのポリシーです。
 「豪華じゃないけど、あたたかい、気持ちのこもったお店にしたい」
 そんな気持ちで全員が一生懸命、開店準備に汗を流しています。
 この二人は、女性スタッフの黒田と松崎、そのうちにメイクアップしてみなさんの前に顔を見せる日が来るかも・・・・・かな?
 もうしばらくですが、みなさんオープンを楽しみに待っていてくださいね。


・ 平成23年8月21日

オープニング・イベント(その5)

9月4日(日)17時30分~19時(ESPACE LIVRE)

置鮎正則  オープニンングイベント最終日第二弾は、今最も話題のスマートフォン・ラボです。
 置鮎正則さんは、福岡におけるスマートフォンの第一人者で、所有されるスマートフォンの数は日本製・海外製あわせて、ナ・ナ・ナ~ント30台!!(維持費も大変でしょうね?)
スマートフォン・ラボ  日本で独自に発達したガラケー(ガラパゴス・ケータイ)は、多機能携帯電話(フィーチャーフォン)なのに対して、スマートフォンはパソコンと同じくOS(iPhoneの「iOS」や、Googleの「Android」など)を搭載しています。つまり、電話ではなく音声通信ができるパソコンだということです(よね?)。
 多機能携帯電話が独自に発達してきた日本ですが、近年スマートフォンが急速に拡大してきています。2010年出荷台数は850万台でしたが、2011年度は2,000万台を超える見通しで、2015年にはモバイルの約6割がスマートフォンになるだろうと言われています。
 スマートフォンを購入したものの、どうやっていいのか?使いこなせない貴男や、これからスマートフォンを購入しようと考えているけど、どの機種を選んだらいいのか迷っている貴女にも、基本から丁寧に教えていただきます。
 いつでも、どこでも通信が可能で、タッチパネルで入力も簡単、アプリによる多様な機能拡張が可能となるスマートフォン、その魅力について置鮎さんからいろんなお話を聞いてみましょう。
 また、動作が重くなったけどどうしたらいいんだろう?など、日ごろの疑問にも答えていただきます。さあ、この機会に、あなたもスマートフォンの世界に飛び込んでみましょう!!
P.S.
 オープニングイベントの申し込みはどうしたらいいのというお問い合わせがたくさんきています。エスパスは30人くらい入れますが、入りきれない場合は事前に申し込みされた方を優先したいと思います。
 お申し込みは「書斎 りーぶる」まで。


・ 平成23年8月20日

オープニング・イベント(その4)

9月4日(日)14時~16時(ESPACE LIVRE)

中野晴啓  オープニンングイベント最終日は、グッと知的に攻めていきたいと思います。
 少子化や財政悪化などで公的年金の行く末に不安を抱いている人って多いですよね。自分の老後は、自分で守っていきたい。でも、どのようにして資産運用していけばいいのかわからない、株式・・・、う~ん難しそー((+_+))

投資信託は、この8本から選びなさい。
ダイヤモンド社
 そんなみなさんのお悩みに応えるべく、セゾン投信株式会社代表取締役社長で20年以上にわたり、業界のウラオモテを見てきた長期投資のプロ中野晴啓さんの登場です。 セミナーのテーマは、ズバリ「30代でも、定年後でも、積立だけで3000万円つくれる!」です。
 長期投資の中で最も人気のある投資信託は、今日本で2621本も売られているって知ってました? こんなにあるんじゃ、何を買えばいいのかわかりませんよね。
 中野さんは、この中から「長期の資産づくり」に向いているのは、たった8本しかないとおっしゃっています。「投資信託は窓口で買うな!」「だまされないために知っておくべき投資信託の仕組み」「長期投資にまつわる、みんなが一番知りたいこと」など、興味津々な内容が盛りだくさんです。
 中野さんは、毎月ちょっとづつでもいい、早く行動し、続けていくことが一番大切とおっしゃっています。なんだか、私でもできそうな気がしてきますね。
 多数の著書を出されている中野さんが、こんな感じで長期投資は難しくないことを誰にでもわかりやすくお話ししていただきます。質問コーナーも設けていますので、日ごろの投資に係る疑問を解決していただく良いチャンスだと思います。
 セミナー後には、新著でベストセラーの「投資信託は、この8本から選びなさい。」(ダイヤモンド社)の即売サイン会も開催します。
 この機会に、投資信託の基本に触れてみて、コツコツと自分の未来づくりを始めてみるのもいいいかも? たくさんのみなさんのご参加をお待ちしています。


・ 平成23年8月19日

オープニング・イベント(その3)

9月3日(土)1回目14時~15時 2回目16時~17時(ESPACE LIVRE)

TEEN'S  オープニンングイベント第3弾は、地元福岡の演劇ユニット「TEEN'S]です。
 TEEN'Sは、福岡のプロダクションITR entertainment所属の演劇ユニットです。 牛嶋裕太(17)、久冨耕太郎(15)、野中めぐみ(17)、柴田香菜子(15)四人の若さあふれるアーティストで、ドラマ、舞台やCMなどで活躍中です。純粋に一生懸命お芝居に取り組む彼らの姿はとても心地よく、感動を与えます。 来月10月23日には、大名のライブハウス「SPIRAL FACTPRY」での、初の単独公演「出発」を控え、現在乗りに乗っているところです。
 今回は、プレ公演も兼ねて、お子様やご家族のみなさんが楽しめるエンターテインメントショーを展開してくれます。
 来てくれたお子さんたちが一緒に参加するパフォーマンスもあ期待できるかもしれませんね。土曜のひと時、家族みんなでTEEN'Sのすてきなショータイムを満喫してください。
 TEEN’Sメンバー(左より)
 久冨耕太郎、柴田香菜子、野中めぐみ、牛嶋裕太
P.S.
 牛嶋裕太くんのブログ「One's Feeling]では、彼の日頃の素顔が見れます。こちらも、チェックしてみてください。http://ameblo.jp/ushijimayuuta/


・ 平成23年8月18日

オープニング・イベント(その2)

9月2日(金)18時30分~20時(ESPACE LIVRE)

   梶尾真治
梶尾 真治 氏

おもいでエマノン
徳間デュアル文庫
 オープニンングイベント第2弾は、熊本在住のSF作家である 梶尾真治さんのトークショー&サイン即売会です。
 梶尾さんは、1971年同人誌に掲載された「美亜へ贈る真珠』が早川書房の「SFマガジン」に転載されてプロデビューされ、1979年「地球はプレイン・ヨーグルト」で第10回星雲賞を受賞、1991年には「サラマンダー殲滅」で第12回日本SF大賞を受賞、その後も「恐竜ラウレンティスの幻視」(1992年)「『あしびきデイドリーム」(2001年)「黄泉びと知らず」(2004年)と4回も星雲賞を受賞されています。この賞は毎年行われる日本SF大会での参加者の投票により一番に選ばれた賞であり、それだけ日本のSFファンが梶尾さんの作品を愛してやまない証ですね。
黄泉がえり
新潮文庫
 また、1983年に発表された「おもいでエマノン」に始まるエマノンシりーズは、その後コミック化されたこともあり現在まで多くのSFファンを魅了しています。ところで、「エマノン(EMANON)」って「NO NAME]の逆さ読みだったってことをご存知でしたか?
 さらに地元の熊本を題材として2000年に発表された「黄泉がえり」は、その後2003年にSMAPの草薙剛と竹内結子の主演で映画化され、大ヒットしました。RUI(柴崎コウ)の主題歌「月のしずく」も大ヒットしました。2008年には「トランスフォーマー」や「カンフー・パンダ」で有名なアメリカの映画会社ドリームワークスが権利を取得しリメイク版の制作を発表しています。
 リリカルなものから、純愛もの、ドタバタものまで幅広いジャンルのSF作品を生み続けておられる梶尾さんのお話をみなさんと一緒に楽しみましょう。
 トークショーの進行は、「書斎 りーぶる」のスタッフ(松崎美恵子)が務めさせていただきます。SFだけでなく地元熊本や自然をこよなく愛される梶尾さんの魅力を少しでもお伝えすることができればと思っています。
 トークショーでは、みなさんからのご質問にも答えていただく時間をご用意しています。この機会に梶尾さんのいろんなお話が聞けたら嬉しいですね。


・ 平成23年8月17日

オープニング・イベント(その1)

9月1日18時30分~20時(書店内特設ステージ)

熊坂仁美  いよいよ「書斎 りーぶる」のオープニング・イベントのご案内をさせていただきます。
 今日はオープン初日9月1日(木)のご案内です。初日は、今話題のソーシャルメディアの第一人者熊坂仁美さんのトークショー&サイン即売会です。
 熊坂さんは、Facebookを始めとしたソーシャルメディアのビジネス活用の実践研究家で、ソーシャルメディアのコンサルティング、企業研修、講演を 全国で行っておられます。
 独自理論「好感アクセス収益モデル」と海外事例の研究をまとめた「Facebookをビジネスに使う本」(ダイヤモンド社)は、Facebook、Twitter、YouTubeでの口コミにより発売前からアマゾン部門一位を取り、40000部のベストセラーとなり、続いて6月10日発刊された最新著書「Facebookを集客に使う本」(ダイヤモンド社)も実践に役立つ本として大好評を博しています。
 当日は特別に18時で書店営業を終了し、18時半から書店内に特設ステージを設置し、本に囲まれたイベントという今までに無い形でやってみようと思っています。
 福岡のソーシャルメディアの先駆者である分藤宗徳さん、吉原満さんと一緒に熊坂仁美さんがソーシャルメディア全般に係るお話を聞かせていただきます。Facebookだけでなく、最新のGoogle+のお話も聞けるかも?本当に楽しみですね。
 また、トークショー終了後に、熊坂さんのサイン入り著書2冊の即売会を実施します。ソーシャルメディアの口コミ効果などをビジネス・集客にどのように結び付けるかなど、誰にでもわかりやすい内容がいっぱいの名著です。この機会に、是非お買い求めください。


・ 平成23年8月16日

モーニング・ブックカフェ

ブックカフェ  「書斎 りーぶる」の近くは日銀や税務署・JA団体などが集まっていて、ビジネスマン・ビジネスウーマンの街ともいえます。そんな頑張っているみなさんを毎日応援するため、私たちは従来より早く朝8時からお店を開けることに決めました。
 出勤前のひと時に、「自由空間ESPACE LIVRE」で、コーヒーを飲みながら、読書をしたり、勉強したり、仕事の準備をしたりと、ウォーミングアップタイムを提供、1日を元気に始めるお手伝いをさせていただこうと思っています。
 当然、最新のビジネス誌はもちろんのこと、お好きなコミック新刊も朝一番に手に入れることができます。
 また、店内では通勤時に必要なグッズ等もあわせてご用意しています。出勤前のリラックススタイムとして、みなさんそれぞれのスタイルでのご活用をお待ちしています。


・ 平成23年8月15日

お盆休みも今日までです

北側外観  書斎りーぶるの工事も13日から今日まで3日間のお盆休み、明日16日から本格的な内装工事が始まります。
 みなさんは、どんなお盆を過ごされましたか?ご先祖様のお墓参り、お坊さんにとっては1年で一番忙しい時期です。また、おじいちゃんやおばあちゃんのおうちへの里帰りされた方も多いでしょう。高速道路も帰省ラッシュで大渋滞が予想されますが、Uターンピークは今日の夕方のようです。どうぞ安全運転で帰ってくださいね。
 明日から「書斎 りーぶる」のオープン準備もいよいよスピードアップ、お世話になるみなさまとスタッフの打合せもこれから具体的作業に移っていきます。
 みなさんに楽しんでいただけるオープン企画を準備していますのでご期待ください。


・ 平成23年8月14日

あなたの書斎はどんなイメージですか?

北側外観  書斎りーぶるはその名のとおり、みなさんの書斎のような「くつろぎの空間}づくりを目指していきます。
 好きな本をゆっくりと読める書棚に囲まれた読書の部屋、パソコンやビジネス関連ツールが並ぶ機能的な仕事専用の部屋、好きな絵を描いたり模型を作ったり道具・材料に囲まれた創作の部屋、お香やアロマの香りの中で多忙な日常から離れ物思いに耽る部屋、などいろんな書斎のイメージが浮かんできます。
 書斎りーぶるも、これからみなさんのいろんな思いを受け止めながら、あなたの書斎としての空間づくりを目指していきます。どんどんご意見をお寄せくださいね。
P.S.
 昨日の写真を見て、「あれっ?サンビルってこんな風になってたっけ?:と思われた方もあったようです。実はこれCGなんですよ。内装工事はお盆明けからになります。
 また、工事の進捗状況などもアップしていきますね。


・ 平成23年8月13日

自由空間 ESPACE LIVRE のご紹介

北側外観
組み木パズル

 今日は書斎りーぶるの顔となる「ESPACE LIVRE(略称:エスパス)」をみなさんにご披露しましょう。
 北側の正面玄関からりーぶるに入って左手にの一角に区切られた部屋、これがエスパスです。通りからもガラス越しに眺められるこの部屋では、お客さまが本を読まれたり、勉強をしたり、自由に過ごされる空間として準備しています。
 コーヒー・クッキーなどもご提供しますので、自分の書斎にいるような感覚で、ゆっくりくつろいでご活用いただければ嬉しいですね。
 また、セミナーや習い事教室、展示会などいろいろなイベント会場としてもご利用できます。ご利用をご希望の方は、書斎りーぶるまでご連絡下さい。


・ 平成23年8月12日

書斎りーぶる、各種メディアに続々登場!!

 りーぶる天神の閉店ならびに書斎りーぶるのリニューアルオープンに係る記事やニュースが各種メディアで紹介されています。
 昨日の西日本新聞(2011年8月11日版九州経済)の「ひと」欄に、昨日ご挨拶させていただきました社長都渡正道の写真入り記事が掲載されました。
 「来月1日、天神に新店舗」というタイトルで、コーヒーを飲みながら読書や勉強もできる「書斎 りーぶる」9月1日にオープン、 「天神は大型書店があり競争は厳しい。昔からのなじみのお客さまだけでなく、新しいお客さまにも関心をもってもらえるよう、ひと味違う本屋さんを目指す」。
 ミニコンサートの開催、一昨日までご紹介してきました科学のおもちゃばこの紹介もあり、「会社帰りに立ち寄りたくなる、くつろげる空間にしたい」とのコメントで締めくくってありました。
 コーヒーについてもいろんなテーストを試すなど、新たなコーナーづくりに研究を重ねています。どうぞ、ご期待ください。


・ 平成23年8月11日

店主よりご挨拶

お礼とご挨拶

(株) 菊竹金文堂
社長 都渡 正道

 早いもので、私がこの菊竹金文堂に入社して38年経過し、社長に就任してからも、21年もの歳月が流れようとしています。その間、出版業界だけを振り返ってみても、様々な社会・経済の環境変化、制度の変更、そして何よりもお客様の心理の変化が大きな影響を与えた様に思います。私が社長就任してからも、多店舗化、郊外店舗の隆盛、コンビニ店の台頭、店舗の超大型化、インターネット利用での購買などを目の当たりにしてきました。

 当然、当社も経営的に苦戦を強いられた事もありましたが、何とか文久元年(1861年)創業という重い看板を外さずにこれた事を、皆様に感謝するしだいです。

 さて、この度、書店「りーぶる天神」は、開店時からお世話になったショッパーズ専門店街から、日本銀行福岡支店北側の、サンビル1階の店舗に移転する事になりました。面積的には狭くなりますが、お客様に評価いただける品揃え、イベント、雰囲気や接客を心掛けると同時に、店名も 「書斎 りーぶる」として再出発いたします。時にはミニコンサートを開催して、コーヒーやワインなどをお楽しみ頂きながら、ご自分の「書斎」としてご利用ください。

 最後に、これまで私共を支えて頂いた多くのお客様 取引先 スタッフに感謝すると同時に、これからも「皆様から生かされている」と言う事を忘れずに邁進する所存です。どうか宜しくご支援いただきます様お願い申上げます。


・ 平成23年8月10日

科学のおもちゃ箱 Part6

組み木パズル組み木パズル  科学のおもちゃ箱コーナーも第6弾になります。
 オープニングイベントや店内の色々な企画コーナーの詳細も、だんだん具体的になってきています。これから徐々に、タイミングを見ながらご紹介していきますが、今日はまだ「科学のおもちゃ箱」。
 7日にご紹介したものとは違い、これは本当にばらばらになってしまいます。前回に懲りたので、今回は慎重に検品。
 分解の最初の1本は、すぐにわかります。小さなストッパー(ピン)が、他のものは2か所あるのに、最初の1本には1か所しかなく、ピンがある方にスルリと抜けます。あとは、写真のように次々と分解が …。
 おっといけない、分解じゃなくて、組み立てるのが難しいんだった。このあたりまでにしておきます。


・ 平成23年8月9日

科学のおもちゃ箱 Part5

磁気浮上地球儀  科学のおもちゃ箱コーナー第5弾です。これもちょっと違う磁気浮上地球儀。5日にご紹介した地球儀は、磁石の台の上に浮かぶ感じでしたが、こちらは三日月上の枠の中間にぶら下がる感じで浮いています。しかも、光るのは枠の方です。


・ 平成23年8月8日

科学のおもちゃ箱 Part4

ニュートンのゆりかご  科学のおもちゃ箱コーナー第4弾は、ご存じ「ニュートンのゆりかご」。え? ご存じでない? 私も知りませんでした。これ、「ニュートンのゆりかご」って言うんですね。「バランスボール」とも言うそうです。
 リンゴが樹から落ちたからと言って、「ゆりかご」を発明するのも不思議といえば不思議ですが、この「ニュートンのゆりかご」の片方の鉄球を一つ引っ張って振り子の要領で残りの4つの鉄球にぶつけると、ぶつけた玉は静止して、反対側の鉄球が一つだけ振れます。それが戻ってきて4つの鉄球にぶつかると、最初にぶつけた一つの鉄球だけ振れる。
 片側の二つの鉄球を同じようにいっしょにぶつけると、やはり反対側の二つの鉄球が、振れます。ふむふむ。
 この「ゆりかご」には、5つの鉄球がぶら下がっていますが、では、三つの鉄球を引っ張ってぶつけると、真ん中(三つ目)の鉄球はどういう動き方をするんでしょう。


・ 平成23年8月7日

科学のおもちゃ箱 Part3

組み木パズル  検品中の科学のおもちゃ箱コーナー第3弾です。最初は「これは幼児用だな」と思っていました。写真の左のような状態です。開いてみると、写真の右側のような状態。「よし、OK ちっちゃな子供が喜ぶでしょう」と、片づけようとすると、「あれれ?」
 なかなか元の形に収まりません。これは難しい。到底、幼児用ではないですね。
 やはり、ちゃんと元の形に戻すマニュアルを付けたほうがいいなあ。それにしても、どうすれば戻せるんだろう …。


・ 平成23年8月6日

科学のおもちゃ箱 Part2

ソーラー風車  科学のおもちゃ箱コーナーの第2弾は、「陽の当たるおうち(SUNNY HOME)」です。太陽電池で風車が回ります。「風じゃなくて電気で回るのなら、風車じゃなくて電車じゃないか?」 … それでは意味が変わってしまいます。
 元々組み立てキットになっていますが、展示用に組み立ててみました。これといった道具は不要ですが、小さい子供さんにはすこし難しいかもしれません。でも、親子で一緒に組み立てるのも楽しいですよ。完成品でお売りするのもいいかな。
 出来上がりは、なんだかほのぼのする、いい感じでしょ? もちろん、明るいところでは羽根が静かに回ります。


・ 平成23年8月5日

科学のおもちゃ箱

地球儀  書斎りーぶるでは、「科学のおもちゃ箱」と名付けたコーナーを企画中です。このコーナーでは、ふつうあまり売ってるところを見つけにくいけれど、子供から大人まで楽しめる科学おもちゃ、科学に親しめる本などをご紹介していく予定です。
 科学おもちゃの選定についても、着々と進行中。この写真は、磁力で空中に浮いて、光る「地球儀」です。商品ですから大切にビニール袋に入れたまま動作確認。
「お、浮いてるね!」
「これ、光ってるの?」
「このスイッチじゃない?」
「あ、光った、光った」
 まるで子供です。


・ 平成23年8月4日

りーぶる天神閉店Part4

搬出準備  9月1日のリニューアルオープンの前に、8月8日までに撤収を完了します。「立つ鳥跡を濁さず」。現在、急ピッチで搬出作業中です。
 「書斎 りーぶる」の新企画やイベントについても、並行して着々と準備中です。もうじきご紹介できますよ。


・ 平成23年8月3日

りーぶる天神閉店Part3

現在  7月31日午後8時、閉店時間を過ぎても店内はまだまだお客さまがたでいっぱいでした。
 最後まで応援してくださったたくさんのお客さまへ感謝の気持ちを込めて、専門店街の仲間とお見送りしました。
 「ご苦労様でした」「ありがとう」などの、お客さまからのあたたかいお言葉に胸がジーンとなりました。
 この思いをパワーにして、新店舗「書斎りーぶる」のオープンに向けて全員で邁進していきます。
みなさん、応援してくださいね!!


・ 平成23年8月2日

りーぶる天神閉店Part2

 午後8時前、閉店ぎりぎりまで多くのお客さまで賑わう店内
午後8時過ぎ、シャッターが閉まる瞬間
中央青いシャツが店主の都渡です。

 一昨日、りーぶる天神は閉店いたしましたが、最後までたくさんのお客さまに来店いただきました。31日の来店者数は、ここ数年で一番多かったのではないでしょうか?
 お客さまに「無くならないんだよね?また9月から新しい店に行くよ」などの暖かい言葉をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
 午後8時過ぎ、1階玄関のシャッターが下り始めると、集まっていただいたお客さまから拍手の渦が沸き起こりました。社員一同、感激で涙を流す者もあり、これまでの毎日を思い出し感慨ひとしおでした。 本当に40年間みなさまありがとうございました。


・ 平成23年8月1日

リニューアルオープンまであと一か月

昨日(2011年7月31日)りーぶる天神は、40年の歴史に幕を下ろしました。長年のみなさまのご愛顧・ご支援に、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、いよいよ「書斎りーぶる」オープンまで1か月、今日からカウントダウンが始まります。これから毎日、みなさんに新しいお店の情報などを発信していきますので、楽しみにしていてください。


・ 平成23年7月25日

移転先

現在
 いよいよ「りーぶる天神」閉店まで1週間となりました。「書斎 りーぶる」として移転する先は、すでにお知らせしたように
福岡市中央区天神4-1-18 サンビル1F
 現在のりーぶる天神のすぐ近くなのですが、実は6Fのりーぶる天神からダイエーショッパーズへの渡り廊下から、移転先が見えます(左の写真)。
 オープン時には、このように見えるはずです(右の写真)。でも、残念ながらオープンする9月1日には、この渡り廊下がどうなっているのか、わかりませんけどね。


・ 平成23年7月18日

「おひっこし展」


 現在りーぶる天神で開催中の「おひっこし展」。ダイエーショッパーズとともに開店したりーぶる天神の40年を、福岡の歴史に重ねてポスター展示しています。
 菊竹金文堂の歴史は、文久元年(1861年)にさかのぼります。創業者菊竹儀平が久留米の紺屋町に開業した古書商「二文字屋」が、そのルーツです。1861年というと黒船来航から8年後。皇女和宮が将軍家茂に降嫁し、翌年には新撰組が結成されるなど、幕末まっただ中といえるでしょう。
 明治22年には二代目店主、儀平の長男菊竹嘉市が上京し、金文堂グループの基礎を築きました。この年、大日本帝国憲法(明治憲法)が発布されています。
 りーぶる天神の誕生は昭和46年(1971年)。当時は西鉄の路面電車がショッパーズの横を通っていました。この懐かしい写真をポスターで紹介しています。
 昭和50年(1975年)には山陽新幹線岡山~博多開通、同51年(1976年)には天神地下街が開業するなど、福岡の都市化が進みます。同54年(1979年)には、モータリゼーションの影響を受けて福岡市の路面電車が全線廃止されました。しかし、同56年(1981年)には、九州発の地下鉄が天神~室見間で開通しています。

 平成元年(1989年)福岡ダイエーホークス誕生。同年、「福岡アジア太平洋博(よかトピア)」が開催されています。この時のテーマ館が、現在の福岡市博物館。福岡タワーもこれに合わせて建てられ、現在は「シーサイドももち」という、福岡を代表するベイエリアとなっています。
 平成5年(1993年)、地下鉄が福岡空港に通じ、同年福岡ドームが開業しました。同7年(1995年)、「福岡ブルックス(元藤枝ブルックス)」がJ1昇格とともに「アビスパ福岡」に改称。
 平成11年(1999年)福岡都市高速が九州自動車道の太宰府インターチェンジに接続、同年、博多港が開港100周年を迎えました。この年、福岡ダイエーホークスは日本シリーズで日本一に。
 平成17年(2005年)地下鉄七隈線開通。同年、福岡西方沖地震発生。同年、九州大学が伊都キャンパスに移転開始。
 平成23年(2011年)九州新幹線全線開通。JR博多シティオープン。そして、7月末のショッパーズ専門店街閉店とともにりーぶる天神もしばらくのお別れです。9月1日には「書斎 りーぶる」としてリニューアルオープンしますので、お楽しみに。


・ 平成23年7月11日

新店舗は「書斎 りーぶる」

プレゼント登録サイト  りーぶる天神の移転先が決まりました。移転先は、
福岡市中央区天神4-1-18 サンビル1F
 新店舗は「書斎 りーぶる」というコンセプトです。「書斎」の意味については順次色々なアプローチでイメージを膨らませていきたいと思います。
 今月から、りーぶる天神では「おひっこし展」として、ご愛顧いただいたこの40年を振り返り、新たな出発へ向けたイメージの表現を試みるポスターを展示しています。
 新店舗の開店は9月1日。開店から4日間はオープニングイベントとともに、お客様へのささやかなプレゼントを企画しています。ぜひビラを印刷して右側の引換券に必要事項を記入してお持ちいただくか、 左のQRコードを携帯電話などで読み取って登録サイトから登録して店頭までお越しください。


・ 平成23年7月4日

新プロジェクト 始動!

 2年と5か月もご無沙汰してしまいました。更新が遅れてごめんなさい。
 いよいよ今年は金文堂の創業から150周年、りーぶる天神の開店から40周年を迎えます。この節目に、菊竹金文堂は全社を挙げて新プロジェクトを始動します。
 皮切りは、40周年を迎えた、りーぶる天神のリニューアルオープン。本年9月に「書斎 りーぶる」として生まれ変わります。現在、りーぶる天神では、新店舗への移転に向けて、「おひっこし展」を開催中です。
 これから、ホームページはもちろん、各種のメディアを通じて、順次リニューアルの企画やイベントをお知らせしてまいります。お楽しみに。



・ 平成20年12月26日

 当社はこの度、福岡県の経営革新事業に応募し、福岡県知事より経営革新計画をご承認頂き経営革新企業として承認頂きました。この計画承認は消費者ニーズの多様化、価格競争の激化、情報化、国際化や省エネ化などの進展の中、中小企業の顧客ニーズに合った商材の開拓、新サ-ビスの開発・提供を目指しており、現在の所、最初の取組としてとして久留米工業大学様からの受託事業を行っております。
 今後少子化や老朽化に伴う設備の更新を皆様と一緒に解決できる様、自社のスキルアップを早急に整え、新事業として皆様に御期待頂ける様邁進して参ります。


・ 平成20年9月24日

久留米工業大学購買部  当社は久留米工業大学と提携し、久留米工業大学購買部として大学と連携し、大学の効率運営の全般的サポーターとしての役割や、又勉学にいそしむ学生の方々の福利厚生部門の一端を担う形で学内教科書、教材、備品や消耗品の購入等の業務を行う事になりました。この事業では学内3号館 学生ラウンジに“キャンパス・コンビニ”を山崎製パンの協力により開設致しました。
 年間を通じ久留米市民や児童・生徒の皆様とのコミュニケーションを図る様、大学と出来るだけ共同歩調をとっていきたいと考えております。

まだまだ人気

投資信託は、この8本から選びなさい。

投資信託は、この8本から選びなさい。
中野晴啓
¥1,575(税込)

謎解きはディナーのあとで

謎解きはディナーのあとで
東川篤哉
¥1,575(税込)

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
岩崎夏海
¥1,680(税込)

麒麟の翼

麒麟の翼
東野圭吾
¥1,680(税込)

プラチナデータ

プラチナデータ
東野圭吾
¥1,680(税込)

夜行観覧車

夜行観覧車
湊かなえ
¥1,575(税込)

小暮写真館

小暮写真館
宮部みゆき
¥1,995(税込)

1Q84 BOOK1~3

1Q84 BOOK1~3
村上春樹
BOOK1¥1,890(税込)
BOOK2¥1,890(税込)
BOOK3¥1,995(税込)

KAGEROU

KAGEROU
斎藤智裕
¥1,470(税込)

往復書簡

往復書簡
湊かなえ
¥1,470(税込)

花の鎖

花の鎖
湊かなえ
¥1,400(税込)

神様のカルテ

神様のカルテ
夏川草介
¥1,260(税込)

県庁おもてなし課

県庁おもてなし課
有川浩
¥1,680(税込)

白銀ジャック

白銀ジャック
東野圭吾
¥680(税込)

老いの才覚

老いの才覚
曽野綾子
¥800(税込)

断捨離

断捨離
やましたひでこ
¥1,260(税込)

ばんば憑き

ばんば憑き
宮部みゆき
¥1,785(税込)

カッコウの卵は誰のもの

カッコウの卵は誰のもの
東野圭吾
¥1,680(税込)

真夏の方程式

真夏の方程式
東野圭吾
¥1,700(税込)

悪の教典 上下

悪の教典 上下
貴志祐介
上¥1,800(税込)
下¥1,800(税込)

母
姜尚中
¥1,260(税込)

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法
近藤麻理恵
¥1,470(税込)

マリアビートル

マリアビートル
伊坂幸太郎
¥1,680(税込)

心を整える

心を整える
長谷部誠
¥1,365(税込)

八日目の蝉

八日目の蝉
角田光代
¥620(税込)

終わらざる夏 上下

終わらざる夏 上下
浅田次郎
上¥1,785(税込)
下¥1,785(税込)

新参者

新参者
東野圭吾
¥1,680(税込)

アリアドネの弾丸

アリアドネの弾丸
海堂尊
¥1,500(税込)

小さいおうち

小さいおうち
中島京子
¥1,660(税込)